一般社団法人赤外線画像診断研究協会

技術講習会

Jシステムを使用した赤外線調査技術確保及び技術向上を目的に次の技術講習会を開催します。
詳細は開催の都度HPで案内します。
ご希望の方には「高性能赤外線カメラによる剥離調査マニュアル」を、9,000円(+税)で販売します。
ご入用の方は、事務局までご連絡ください。
※これより先のページではMicrosoft IEをサポートしておりませんので、Microsoft Edge等他のブラウザをご使用ください。

ITDセミナー
行政機関や点検コンサルタント等赤外線調査に関心のある会社・団体を対象に実施する技術交流会
赤外線調査に関する最新の技術情報を提供
参加無料
Jシステム説明会
赤外線調査に興味のある方やこれから赤外線調査を行おうと考えている方を対象とした、Jシステムの特徴が学べる説明会
参加無料

【講習内容】
1.Jシステムに関する国土交通省の動向
2.赤外線画像診断研究協会についての説明
3.Jシステムの技術概要についての説明
技術講習会I
Jシステム技術者養成講座(Eラーニングまたは座学講習会)
対象者:Jシステム技術者資格を取得したい方
赤外線調査の概論、Jシステムの調査方法、画像診断方法から報告書作成までEラーニングまたは座学講習会形式で解説
参加有料

【講習内容】
1.赤外線調査の概要
  (1)赤外線・伝熱の基礎
  (2)赤外線調査のメリット
2.Jシステムによる赤外線調査
  (1)Jシステムによる赤外線調査
  (2)赤外線カメラ性能
  (3)調査環境
  (4)現地調査
  (5)調査報告書作成
3.Jシステムによる画像診断
  (1)熱画像診断の留意点
  (2)損傷判定事例(基本編)
  (3)損傷判定事例(応用編)
4.Jシステム活用事例の紹介
  (1)クラウドサーバを用いた自動診断サービス
  (2)調査予報システム
  (3)蓄積データを用いた劣化度分析
  (4)空港滑走路のブリスタリング調査
  (5)海外での採用事例

【Eラーニング形式について注意事項】
・申込手続きから受講、受講証明書と修了証の発行までをWeb上で行えます。
・組織や会社単位で、1度に5名まで同時に申し込めます。受講者とは別に請求書送付先を設定できます。
・申込当日から14日以降であれば、受講開始希望日をいつでも登録できます。(セミナーの開催期間中に限ります。)
・受講期間は30日間です。期間内であれば受講はPC、スマートフォン、タブレットでいつでも行えます。(別途インターネット接続環境が必要です)
・受講料、テキスト代等はお申込み確認メールから請求書をダウンロードできますので、銀行振込にてお支払いください。
・請求書に銀行口座の記載がございますので、受講開始希望日の10日前までにお振込みください。
・お振り込みを確認した後、事務局から受講用パスワード/受講用サイトURL/受講開始日をメールにてお知らせいたします。
・受講の推奨環境
 PC:Windows10、Google ChromeまたはMicrosoft Edge
 スマートフォン/タブレット:iPhone、iPad、android系端末
技術講習会II
Jシステム技術者養成講座(実習)
対象者 : 当協会会員で、技術講習会Iを受講された方やJシステムによる赤外線調査の経験者
現地踏査、調査計画の立案。Jシステム実機を使用した実橋梁での調査と画像診断。報告書作成まで実習形式で技術を習得。
参加有料